お得な方法で車を所有する

車をメンテナンスしよう

メンテナンスをしてくれる

車を運転していて気になることがあれば、専門家に見てもらうことをおすすめします。
早めに気づいて修理することで、危険な事故を防げます。
社用車を買った場合は、自分で修理してくれる業者を探して依頼しなければいけません。
しかしリースした場合は、リース業者に伝えるとそのまま修理業者に引き渡してくれます。
自分では何もしなくて良いので、楽に車を管理できますね。

また車は、数年に1回車検を行います。
その手続きもリース業者が担当してくれるので、時期が来たら車を引き渡してください。
車検に出している間は代わりの車を貸してくれるので、社用車が使えなくなることはありません。
自分で修理業者に連絡するのは面倒と感じるなら、リースで済ませましょう。

費用が発生するのか調べる

中には、急に車に不具合が起こって修理しなければいけない時に、料金が発生するリース業者が見られます。
こちらに非はないのに料金を請求されると、無駄な出費になります。
出費を抑えるために、原因を解明して、こちらに非がないことがわかったら無料で修理してくれる業者から車をリースしてください。

ちなみに運転中に車をどこかにぶつけて、傷つけた場合はこちらに非があると判断できます。
そのため、修理費を請求されても仕方がありません。
前もってそのような事故が起こった時に、誰が費用を支払う決まりなのか確かめておきましょう。
もしも事故を起こしたら、絶対に隠さないでください。
隠したままでは修理が遅れて、車の状態が悪くなってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る