お得な方法で車を所有する

リースする際の注意点

利用する期間を決めよう

購入した時は、自分が車を手放すまで自由に乗ることができます。
しかしリースした車は、使用できる期間が決められると覚えておきましょう。
自分で期間を決めることができますが、無駄に長い期間を契約しないように注意してください。
途中で社用車がいらなくなってリースを解約したいと思っていても、まだ契約期間中であればできません。

どうしても解約するなら残りの料金を一括で支払ったり、違約金を支払ったりする必要があります。
経済的な負担になるので、期間の選択を間違えないでください。
最初に短い期間を契約し、後でもう少し社用車が必要だと思ったら延長することも可能です。
ただその際は延長料金が掛かるので、事前に調べておきましょう。

どんな車に乗れるのか

この車が良いと、こだわっている人が見られます。
しかしその車を、リース業者が扱っているかわかりません。
車を買う時に比べて、選択肢が少なくなるというのがリースのデメリットです。
どの車でも良い人なら気にしないでしょうが、こだわりが強い人は自分で好きな車を購入した方が良いと思います。

リース業者ごとに扱う車の種類が変わるので、事前に確かめておきましょう。
特に希望する車種が決まっていない場合は、どんな車が良いのか簡単な要望だけでも業者に伝えてください。
運転しやすいコンパクトな車や、長距離を運転できる車が良いなど使い道によってふさわしい条件があります。
車に詳しくない人は自分で選ぶのが難しいので、おすすめを聞きましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る