プロに匹敵するような写真の撮影をサポートすることを目的とした情報支援サイト

進化の果てに到達したデジタルカメラでプロに負けない写真を撮る

進化の果てが見えたデジタルカメラ

画素数の増加による画質の向上という方向における、デジタルカメラの進化には限界が訪れつつあります。

これは、技術的限界というよりは物理的限界であり、デジタルカメラは進化の袋小路に至ったとも言えるでしょう。

今後デジタルカメラはハードウェア的な限界を迎えた以上、ソフトウェア的な進化を目指すことになりますが、ハードウェアに限界があるため、ソフトウェアもいずれは進化に限界を迎えるか、よしんばソフトウェア的な限界はなかったとしても、ハードウェアの限界という枷による進化の果てが見えてきたと考えられるのです。

誤解の無いように明言してきますが、デジタルカメラの進化に果てが見えた事は、悪いことではありません。

デジタルカメラが、本当の意味で完成を迎えようとしていると考えるべきなのではないでしょうか。

デジタルカメラでプロ顔負けの写真を撮ろう

デジタルカメラを十全に使いこなすことができれば、プロ顔負けの写真を撮ることは決して不可能ではありません。

写真の良し悪しを決めるのは、被写体と構図が主体ですが、ブレや明・暗度の調整、撮影方法は写真の出来不出来を大きく左右するファクターであり、いずれが欠けていたとしても、プロ顔負けの写真を撮ることは困難です。

そこで、役立つのがデジタルカメラのソフトウェア面にあたる各種機能で、手ブレ補正機能や撮影モードの切り替えといった、撮影者をサポートしてくれるため、プロほどにカメラに習熟しなくても、各種機能を使いこなし、なおかつ被写体と構図、及び撮影方法をある程度習熟することができれば、プロ顔負けの写真を撮ることも夢物語ではないでしょう。


この記事をシェアする