カメラの進化でプロ顔負けの写真が撮れる!

プロに匹敵するような写真の撮影をサポートすることを目的とした情報支援サイト

フィルムカメラとデジタルカメラ、それぞれの進化を比較

本項においては、既にある程度の完成を見た、フィルムカメラを除く、デジタルカメラやスマホカメラに使用されているセンサー技術に関する現行カメラの進化状況に関しての情報を中心にまとめると共に、プロ級写真を撮るためのカメラの選びに関する私的見解を述べています。

現行カメラの進化とプロ級写真を撮るためのカメラ選択

フィルムカメラとデジタルカメラを比較すると、画像の記録方法がフィルムかデータかという違いや、画像をその場で確認できないフィルムに対して、データはその場で確認できる上に何度でも撮り直しが可能、消耗品であるフィルムの有無などが、基本的な相違点として挙げられます。

またそれぞれのメリット・デメリットとしては、フィルムカメラの場合、高性能な本体を中古でも構わなければ安価で入手できる点はメリットと言えますが、消耗品であるフィルムの不便さに関しては、これを趣があると捉える否かによってメリットにもデメリットにもなり得ますし、デジタルカメラの場合、映像をその場で確認できる点と何度でも撮影を繰り返し行える点、写真の保存にフィルムのような消耗品が必要ない点がメリットで、本体価格が性能に比例して高額になる点と充電器の必要性が主なデメリットとなります。

双方とも写真の撮影を目的としている点は共通していますが、ほとんど別物なので進化のベクトルも当然異なり、ほぼ完成形に至ったフィルムカメラが撮影能力に関しては明暗を含む色調においても抜きん出ているため、フィルムの機能性やカメラ自体の基本性能といった使用感の進化を継続しているのに対して、デジタルカメラもまた高額カメラに限れば、フィルムカメラに勝るとも劣らずの撮影能力を得るまでに進化したために、本体の基本性能の向上やデジタルならではのソフトウェア面での進化が継続的に追及されているのが現状です。

ある意味において、フィルム・デジタルともにカメラとしての完成を見たとも言えますが、撮影能力以外の面ではいまだに進化の余地を残しています。

進化の果てに到達したデジタルカメラでプロに負けない写真を撮る

遂に撮影能力においてフィルムカメラに追いついたデジタルカメラの現状と、進化の果てに関する考察を交えつつ、デジタルカメラの機能をフル利用することによる、プロに負けない写真を撮るために行うべき行動の指針と、カメラの習熟の必要性について触れたページです。

プロ顔負けの写真を目指すなら可能性の塊スマホカメラ

フィルムカメラやデジタルカメラとは違い、スマートフォンとしての一機能に過ぎないスマホのカメラ機能をアプリや外付けレンズによってカスタマイズすることで得られる、カメラとしての優位性や可能性についてまとめることで、スマホカメラでプロ顔負けの写真を生み出す一助となることを目指しました。